災害時ペット同行避難の備えと対応

東日本大震災から7年。

私はまだシッターになる前で、
普通に会社に勤めていました。

その時のシッティングを経験した
先輩シッターさんたちにお話を伺うと、
いろいろと考えさせられるものがあります。

電車もバスも、公共交通機関はマヒ。
道路も大渋滞でまったく動けない。

どうにか頑張ってみたけれど、
シッティングに伺えなかったお宅もあったと聞きました。

手広く訪問すれば、喜んでくださるお客様は増える。
でも、何かあったときのことも考えてしまいます。

災害時の危機管理については、
事業としても、個人としても、
もっと真剣に考え、実行していく所存です。

    

先日、参加させていただいた
一般社団法人HUGさん、NPO法人アニマルワンさん共催の
「災害時ペット同行避難の備えと対応」セミナー。

災害時備えと対応

動物に携わる職業の方、
推進委員の方、ボランティアの方、
不動産業の方、一般の方・・・

とても多くの方が参加していました。

第1部の内容は、
「分譲マンションで準備しておくべき動物飼養細則とペット倶楽部」。

ペット可のマンションで、
「2頭まで」という条件をよく見かけます。

実は、災害時のことまで考えて、
頭数に制限を設けている場合もあるのだと知りました。

災害時、家族みんなが家にいるとは限りません。

女性一人でも、ペットと一緒に安全に避難できるか。

普段の自己管理や、
近隣とのコミュニケーションの必要性。

管理組合とペット倶楽部のお話も聞くことができました。

余談ですが・・・

玄関ドアに「猫がいます」ステッカーを貼っているお宅が
ずいぶん増えたなぁ、と感じます。

集合住宅の場合は、
1階の集合ポストにも貼っておくと、
猫がいることを外部にも伝えることができるという、
新たなお知恵をいただきました。


そして第2部。
「熊本地震の同行避難の検証に基づく同行避難支援のあり方と備え」。

実際に現地で支援を続けた冨士岡氏の
生の声を聴けたことは、非常に勉強になりました。

同行避難は、自助が基本。

動物と暮らす人たちそれぞれの自己責任です。

災害時には、自治体も被災します。
SNSでは、間違った情報が拡散されることもあります。

同行避難と室内同伴の違い、わかりますか?

熊本市が推進委員の方々と連携して、
すばやく現状確認をしたという例も教えていただきました。

被災ペット施設「わんにゃんハウス」のことも、
写真や実際に使っていたファイルを見せていただきながら、
詳しく知ることができました。

第1部、第2部を通して感じたこと。

それは、普段の備えがとても大切であること。

今、私たちができることは、
必要なものを備蓄しておくこと以外にも
たくさんあります。

避難所までの経路を確認しておく。
いろんなフードを食べられるようにしておく。

そして、一緒に避難するためには、
動物たちの社会化は必須です。

それは動物たちのためでもあり、
動物と暮らす人たちのためでもあり、
周りの人たちのためでもあります。

避難所には、いろんな人がいるということ。
家族と離れ離れになった、家を失った・・・

つい動物のことばかり気にしてしまうのですが、
周りの方々への配慮も忘れてはならないというお言葉が
胸に突き刺さりました。

見上げる毛むくじゃら

南海トラフ地震、首都直下型地震、
いずれも30年以内に起こる確率は70%だそうです。

別セミナーでの情報です。

自分と自分の家族を守るために、
地域社会の一員として、
今、あなたがすることは何ですか?

平穏への感謝

HUGさん、アニマルワンさんでは、
このようなセミナーを今後も開催していくとのことです。

まずは知ることも大切だと感じます。
機会がありましたら、是非足を運んでみてくださいませ。



お読みいただきありがとうございます。
ポチッと応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログへ

犬と猫と「三楽暮」住まいのデザイン

晴れやかな土曜日。

昨日、美鈴ちゃんは病院に1泊して、
今日の夕方おうちに帰りました。

痩せてしまったけれど、
今のところ大きな問題はないそうです。

たくさんの人に「よかった!」と言っていただき、
ご近所でも有名猫さんになっちゃいました

美鈴ちゃんが教えてくれたこと、
しっかり心に刻みます。

子供探偵たちも、さぞ喜んでいるでしょうね~

さて。

お誘いいただいて保留にしていたセミナーに、
急遽行ってきました。

犬猫快適住まい

犬猫と暮らす、快適な住まいを考えるイベントで、
2人の建築家のお話を拝聴しました。

建築家セミナー

金巻とも子さんの本は持っています。

本も素晴らしいですが、
生でお話を聞くことができて感動しました。

犬猫のQOLを住環境から考え、
犬猫も人も、家自体もラクに楽しく暮らすことを提案し、
事例もいくつか紹介していました。

見ているだけで、建築も楽しそう♪とワクワク。

参考になることがたくさんあり、
もっとお話を聞きたい!と思ったところで終了~。

あっという間でした。

繰り返し強調していたのは、
犬猫のことを考えるだけではなく、
人もリラックスできる空間であること。

人の緊張は、犬猫に伝わります。

人が犬猫との暮らしを楽しんでいれば、
それも伝わります。

犬猫にとって、人は環境の一部です。

見張ってる
「あたしは机の一部です。」

最近ミミさんが、妙な恰好で圧をかけてきます。

爪とぎ活用
爪とぎ活用法。

隙あらば、乗ってきます。

甘えモード
「下僕はあたしの一部です。」

・猫はちゃんと寛げていますか?
・あなたは、「怒ってばかりの人」になっていませんか?
・「対話をしたい」という猫の要求を満たしていますか?
・人は、リラックスしていますか?

しゃべまくり
「対話したーい。」

資料いっぱいもらってきちゃいました。

資料いっぱい

猫と幸せになるインテリア。

インテリア
ソファは爪とぎされても大丈夫、らしいです。

手づくり市もありました。

切り絵
切り絵を連れて帰りました。

イベントは明日もやっています。

同じ建物内で、素敵なキッチンや
檜のお風呂も見れますYO! 犬猫関係ない。

イベントの詳細はコチラをどうぞ。



お読みいただきありがとうございます。
ポチッと応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログへ

猫学、番外編

セミナー2連チャンです。

今日は、公益財団法人動物環境・福祉協会Eva主催の
猫学番外編に行ってきました。

講師は東京猫医療センターの服部先生。

個人的には久しぶりの服部先生のセミナーでした。

猫学 番外編

食欲、排泄、体重など、
普段の様子を記録しておくこと。

健康な時の、うちのコの飲水量を知っておくこと。

目、鼻、口のチェックから、
歩き方、尻尾の向き、スキンシップ・・・

病気のサインをいち早く見つけるためのポイントを
今日もたくさん教えていただきました。

そして、猫の感染症についても
詳しくお話を聞くことができました。

感染症は、恐れることも悲観することもなく、
正しい知識が必要です。

感染経路、検査のタイミング、予防。

わからないことや不安なことがあれば、
信頼できる専門家に聞くのが一番と思います。

表情よし

後半は、ペットケアサロンを経営されている方の、
「猫のデンタルケア講座」でした。

猫にも歯みがきが必要な理由、
そもそも口の中はどうなっている?歯はどうなっている?
ということを、じっくり教えていただきました。

猫さんの口の中、見ていますか?

歯みがきや、歯ブラシに慣らすことも大事です。

その第1歩は、口の中をよく見ること、知ること。

そんなことにも、改めて気がつくことができました。


様々なセミナーを受講していると、
あの先生はこう言っていたけど、この先生はこう言ってる・・・と、
違うご意見だったりすることもあります。

なぜそのご意見なのか、理由を考えて、
さっぱりわからなければ質問をして、

自分の考えに合うもの、納得できるものを、
そして、猫たちにとってのベストを、
取捨選択していくのは自分自身です。

これからも変わらず、
猫のことをたくさん勉強していきたいと思います。

何か少しでも、お伝えできること、
感じていただけることがあれば幸いです。

乗っていいか
「乗っていい?」

どうぞ。

引っ張って
「抱っこー。」

ココさんとミミさんは、私の宝です



お読みいただきありがとうございます。
ポチッと応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログへ

猫をさわるセミナー

今、私が住んでいるマンションの部屋は9階です。

今朝出掛ける時、窓から外を見れば、
ハラハラと絶え間なく雪が舞っていました。

これは・・・と、気合いを入れて長靴で外に出ると・・・

あれ、積もってない。

積もる気配もない。

空回りしつつ、結果オーライな感じで行ってきました、

オムニア自然療法ペットクリニック 鈴木綾香先生
猫のためのセミナー~実践編~。

猫のためのセミナー実践編

会場は、保護猫カフェ。

普段、猫のどこをどんなふうに見ればいいのか。

皮膚、姿勢、寝姿、表情、肉球、舌、
それぞれのポイントを教えていただいて、
実際に触ってみよう!というセミナーでした。

即乗り

腰をおろした途端に、我先にやって来た茶白ボーイ。

誰かに似てる

いきなりハートを鷲掴みにされました

次にやって来たコは、爆睡。

爆睡

どの猫さんもとても懐こくて、
参加者は膝に猫さんを乗せて先生のお話を聞く、という
何ともリラックスした雰囲気でした。

先生が猫さんたちを触って回り、
肩の凝りや肉球の状態、皮膚の具合・・・

健康な猫さんと、要注意な猫さんを比べることができました。

これって、ものすごく大事なことだと思います。

健康な状態を知っているからこそ、
「ちょっとおかしい」に、気がつくことができます。

どの猫さんも、見た感じはすこぶる健康でした。

触ることで、未病を発見すること。
ケアしていくこと。

座学だけではわからなかったことを
たくさん知ることができました。

ローラー鍼の使い方も、レクチャー。

肩まわり
先生の手。

肩まわりはこっちに、背中はこっちに、と
流す方向をしっかり教えてもらいました。

腰
気持ちよさそうだった。

我が家は少し前から、
ミミさんの冷えが気になっています。

先生から直接お話を聞けたことで、
温灸も真面目にやろうと思いました。

温灸

ローラー鍼は早速実践。

さっそく実践

ココさんとミミさんは、ローラー鍼大好きです。

やりますか

特にココさんは・・・

気持ちよくて

コロコロすると・・・

もだえる

ゴロゴロもだえます。

セミナーに行ったというよりは、
猫さんたちを愛でて、お茶して帰ってきた、
そんな楽しい1日でした。

肉球コレクション。
マダラー
マダラー。

黒ピカ
黒光り。

本日のベストオブ肉球。
ベストオブ肉球
作り物のような美しさ


今日お伺いした保護猫カフェは、
新中野のミャゴラーレさんです。

どこ見てんの

本当に、どの猫さんも可愛かったです。

みんな家族を待っています。

家族待ってます

これから猫と暮らしたい方は、
一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

うちのコ以外の猫さんを触ってみたい、
という方にもオススメです。

顔がゆるみっぱなしになること請け負います



お読みいただきありがとうございます。
ポチッと応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログへ

キャットフードと手作り食

恒例の、Saraホリスティックアニマルクリニック
濱田先生による猫セミナーに参加してきました。

参照:
第1弾「免疫とワクチン
第2弾「最近増えている病気の予防と対策法


今のところ皆勤賞だYO

第3弾のテーマは、
「キャットフードと手作り食」。

フードと手作り食

午前中にフードのことを学び、
午後は手作り食について学びました。

食は健康に直結するもの。

それゆえに、うちのコに何をあげたらいいのか、
一番迷うところだと思います。

手作り食に移行するご家庭も徐々に増えていますが、
まだまだキャットフード主体というご家庭が
ほとんどではないでしょうか。

キャットフードは、どうやって選んでいますか?

ナチュラル、健康、プレミアム、高品質、無添加・・・

見るところは、そんな言葉ではなく、
原材料成分値

フードのラベル、ちゃんと読めていますか?

ラベルには、重量の重い材料から順番に記載されています。

でも・・・分割表示のトリックによって、
チキン主体だと思っていたら、
実は別の材料が一番使われていた、ということも。

謳い文句やイメージに左右されず、
消費者である私たちがしっかりとラベルを読み取り、
選んでいく必要があります。

「ショッキングだけど知ってほしいから・・・」と、
濱田先生はセミナーの中で、
レンダリングの映像も見せてくれました。

レンダリングとは、人が食べられない部位や廃棄食材、
病死した野生動物、殺処分された犬猫などを
再利用するために加工することです。

ペットフードの裏側にある事実を、
たくさん知ることができました。

手作り食に関しても、
本やネットから情報を得るだけではなく、
信頼できる専門家から
きちんと学ぶ必要があると、私は思います。

100%完璧な食事は存在しないから、
正しい知識と情報を取り入れて、
そのコそのコに合った食事を考えていくことが、
猫と暮らす私たちにできること。

ミミの真実
ミミさんの真実・・・

どこから見ても
どこから見ても、丸いです。

まるい
目も丸い。

いろいろなセミナーで、よく耳にします。

栄養が満たされるからといって、
毎日カロリー○イトばかりを食べて、幸せですか?

そんなところから、
猫の食事も考えてほしいと思います。

こっちもまるい
こっちも丸い。


おまけ。
いっぱいもらった

今日もいっぱいもらっちゃいました。

いつももらってばかりでスミマセン

米があるのがポイントです。

米がある

私の体重増量キャンペーンは、順調に遂行中



お読みいただきありがとうございます。
ポチッと応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログへ
猫さんのお留守番サポート
猫さんとの出逢い
東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~ NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~
プロフィール

すずきちえ

Author:すずきちえ
本が好き。
体を動かすことが好き。

何よりも猫が大好きです。

No cats,no life♡

ココ キジトラ♀
ココプロフ用

2004年4月4日生まれ
食いしん坊の甘えん坊
体は大きいが気が小さい
ビビリさん

ミミ キジ白♀
ミミプロフ用

2004年4月4日生まれ
超がつくほどマイペース
不思議な行動が多く
妙に人間っぽい猫

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
メッセージBOX

お名前:
メールアドレス:
メッセージ:

twitter
Facebook
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
1034位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

226位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR