室内にも危険はある

多くの猫さんは高いところが好きです。

お部屋の中を見渡せる(見下ろせる)場所に寝床を作ると、
けっこうお気に入りになったりします。

冷蔵庫の上、タンスの上、タワーのハンモック・・・

時には落ちて怪我をした、
なんていう話をお客様から伺うことも。

大好きな場所が危険な場所にもなり得るという
実体験を、少しばかり書かせていただきます。

狭い我が家で、ココさんミミさんが行ける一番高い場所から、
ミミさんが落ちました。

ここから落ちた

たまたまPCメールのチェックと荷物の入れ替えで、
自宅に戻っていた時でした。

いつものようにココさんがミミさんにいちゃもんをつけていて、
「また始まった・・・」とあまり気にせず自分のことに集中していました。

すると突然、ズドーン!!

振り向くと、ミミさんがカゴごと落ちていました。

左目をシパシパさせながら
ヨロヨロ歩くミミさんの歩き方を見て、
とりあえず足は大丈夫そう、と
気が動転しつつも自分がやるべき事を考えました。

しょんぼりしていたミミさんが落ち着くのを
少し待ってから全身チェック。

どこか切れていないか、
触って嫌がるところはないか・・・

ふと気がつくと、血がポタポタ。

オーマイガー!

足の指から出血をしているのを確認し、
すぐに止血をしました。

ほどなく血は止まり、原因を探ったら、
爪が縦にパッカーン。

爪われた

本猫痛がる様子もなく、ごはんも普通に食べ、
元気に過ごしています。

どこか打っている可能性もあるので、
しばらく注意深く観察します。

本当は行き止まりではなく、
逆側にも行けるようにするのが理想です。

理想は2方向

そうしておけば、ミミさんもココさんから逃げられたはず。

わかっていたのに何もしていなかった。

私の甘さと責任です。

どうぞ反面教師だと思って、
大事な猫さんが落下することのないように
万全な対策をしてくださいね。

猫は高いところから落ちても平気なわけじゃないです。

着地に失敗すれば怪我をするし、
打ちどころが悪ければ命にかかわります。

たとえ家の中であっても。

失礼します
「失礼します。」

よっこらしょ
「よっこらしょ。」

さっきはどうも
「さっきはやってくれたわね。」

うそぴょーん
「コノヤロ♡」

どんなにケンカをしても、
ケロッと仲良く一緒に寝るのは
姉妹だからでしょうか。

お返し
ココさんからもお返し。

ココさんがミミさんにケンカを売る理由も、
しっかり分析しようと思います。

仲いい寝

どっちも大事な家族です。



お読みいただきありがとうございます。
ポチッと応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログへ

寒いから

寒いですね。

肌が出ている部分の毛穴が
ギュギュギュッと引き締まるくらいの
空気の冷たさでした。

明日はもっと寒いとか。

寒いときこそ、人も猫も
水分補給を心掛けたいものです。

冬は、猫さんたちのオシッコのトラブルが
増える季節でもあります。

飲水量が減ると、オシッコが濃くなって、
結石になりやすくなったり、細菌が繁殖しやすくなります。

結石症や膀胱炎、多いです。

膀胱炎、私も一度か二度経験しましたが、
痛いし辛いですよ~

猫さんたちにそんな思いはさせたくありません。

スープで水分

我が家では、ウェットフードやスープに
毎回お湯をたしています。

味は薄まっているかも知れませんが、
香りが立つので、食いつきは良いです。

うまいっす

水分をしっかり摂れば、
結晶が結石化する前に排出できます。
細菌もバイバイ

トイレも暖かい部屋に置いてあげてくださいね。

これも人間同様、
トイレが寒いと我慢してしまうかも知れません。

おなかを温めるのも重要です。

おなかも温めて

ホットカーペット、床暖房、ペットヒーターなどで
おなかを温められるようにしておくのが理想です。

おなかを
背中もいいけど、おなかですよ、おなか。

ちょっとしたことで愛猫を守れるのなら、
季節に合わせた予防やケアも楽しいものです。


人間は鍋。
味噌バター鍋
味噌バター鍋。あったまります。

今週も頑張ったので、自分にごほうび。
ささやかなごほうび
250円の幸せ。

いや、明日もあるんですけれど。

雪が降らないことを祈ります。



お読みいただきありがとうございます。
ポチッと応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログへ

ベビースケールはキャットスケール

見た目ではまったくわかりませんが、
実は、少しずつミミさんの体重が減っています。

あまりにも減り続けているので、
さすがに私も焦りました。

今までは、人が使う体重計で抱っこをして量り、
私の体重を引くという、ざっくり測定でした。

細かい数字を把握するにはベビースケールが良いと、
ずっとHappy Catで教えてもらっていました。

先日の服部先生のセミナーでも
ベビースケールを薦めていました。

いやぁ、でも、置く場所が・・・なんて、
人間都合で渋っていたのですが、
そんなこと言ってる場合じゃございません。

即購入。

ベビースケール

なんでもそうなんですが、
新しいものは使うよりまず慣れろ、ってことで・・・

導かれて

クリッカー遊びの延長で、導いてみました。

手をかけてクリック♪
片足のせてクリック♪
両足のせてクリック♪

のりました

あっという間にのりました。

何かくれ
「美味しいのください。」

食いしん坊万歳!

普段からクリッカーで「こっちに来て」ということを教えています。

クリッカー遊びがこんな時にも役に立つなんて、
やってて良かったな、と感動。

いやいや、クリッカーやったことないよ、という場合は、
スケールの上にオヤツを置いたり、
スケールの上でごはんをあげてもいいと思います。

キャリーに慣らすときと一緒です。

うまうま
器の重さ引いてます。

行列ができるほど人気です。

順番待ち

自らのってくれれば、簡単に体重を量れます。

増えてませんか
増えてる。。。

出しっぱなし覚悟でしたが、
意外なところにすっぽり納まりました。

ぴったり入った

第1印象でつかみはOKなので、
引っ張り出すだけでココさんミミさんは
勝手にわらわら集まります。

美味しいのちょうだい
「美味しいのちょうだい。」

ベビースケールは、
キャットスケールとしてもかなり便利です。

もっと早く買えば良かった

もういくつ寝るとお正月。

皆様も初売りで要チェケラー



お読みいただきありがとうございます。
ポチッと応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログへ

開けてびっくり給水器

クリスマス連休最終日、
皆様いかがお過ごしでしょうか。

大好きな猫さんたちへ、
新しいオモチャや美味しいごはん、オヤツを
クリスマスプレゼントに買った、
という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

あったかい猫ベッドを買った方も
いらっしゃるかも知れません。

飲水量が減りがちなこの時季、
いっぱいお水を飲んでもらおうと
給水器を買った方もいらっしゃるかも。

キャットシッターwithのお客様でも
給水器を使っているお宅、けっこうあります。

「普段どのくらいの頻度でお水を換えていますか?」と
お打ち合わせの時にお聞きすると、

・毎日換えてます。
・3日に1回くらいです。
・1週間に1回です。

・・・ご家庭によって様々です。

特に忙しい方は、とりあえずコップでお水を継ぎ足して、
そのまま忘れてしまうのか・・・

シッティングにお伺いして、お水を交換しようと
開けたらアンビリバボー!

お食事中の方に申し訳ないので、
見た目の説明は省きますが、
嫌なニオイがするのは雑菌が繁殖している証拠です。

そのお水を猫さんが飲んでいるとなったら
オーマイガー!です。

給水器は普通の器より大きくて、
お水を入れたら重くて、
電源が必要なこともあって、
床に置いてある場合がほとんどです。

どうしても埃などが入りやすくなります。

細かいところまで洗うのが大変なものもあります。

流れるお水が好きな猫さんもいるので、
選ぶのもお手入れするのも下僕次第。

どうせなら、いつも新鮮なお水を飲んでほしいと思います。

シンプル

我が家はシンプルイズベスト。

解体して洗うよりずっと楽チン。

飲水量もチェックできます。

モデルか
はいポーズ。モデルか。

給水器を使うのもひとつの手。

給水器がなくても、
お水を飲んでもらう方法はいろいろあります。

呼んでないのに
呼んでもないのにやって来る。

迷ったり、困ったりしたら、いつでもご相談くださいませ

枕元にプレゼント
「これの使い方に困ってます。」

以上、現場からシッターがお伝えしました。



お読みいただきありがとうございました。
ポチッと応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログへ

高さ調節

時々、ミミさんがごはんのときにむせることがありました。

先日、グエ~!ゲホゲホ!オエ~ッ!
派手にむせまして・・・

一瞬ひやりとしたものの、
その後ケロリと過ごしています。

いつもよく食べ、よく遊び、
まだまだ若いつもりでいましたが、
着実に年齢は重ねているのだなぁ、と実感しました。

年齢とともに飲み込む力が低下するのは
人間も猫も一緒です。

猫のウェットフードは、高齢用、老齢用、と
対象年齢が上がるごとに、どのメーカーもだいたい
ペースト状になっていきます。

高齢猫さんの誤嚥を防ぐには、
飲み込みやすいごはんを用意すること。
ごはんの回数を増やして少しずつ用意すること。

食べる姿勢もけっこう重要なのではないかと思います。

今まで使っていたごはん台。

もとの高さ

ミミさんの食べ方を見ていて、
高さを変えてみることにしました。

作業中、お約束のようにやって来るお邪魔猫。

お邪魔猫

かじるなら、とことんかじれ、ミミさんよ。

かじり隊

・・・で、こうなりました。

ビフォー。
ビフォー

アフター。
アフター

確実に食べやすそうです。

この高さにしてから、今のところむせることはありません。

ココさんミミさん12歳。

15歳を過ぎても、18歳を過ぎても、
元気な猫さんはたくさんいます。

老化は徐々に進行し、少しずつ変化が表れるもの。

老化のサインを見逃さず、気になることは早めに
獣医師に相談することをお勧めいたします。

ごちそうさま
「肥満も大敵よ。」


猫さんに関するご相談、なんでも承ります。
↓ ↓ ↓
「ねこ友を作ろうの会vol.7」

都内の方のお申し込みも複数いただいております。
全国の猫好きさん、カモーン



お読みいただきありがとうございます。
ポチッと応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログへ
猫さんのお留守番サポート
猫さんとの出逢い
東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~ NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~
プロフィール

ひぐちちえ

Author:ひぐちちえ
本が好き。
体を動かすことが好き。

何よりも猫が大好きです。

No cats,no life♡

ココ キジトラ♀
ココプロフ用

2004年4月4日生まれ
食いしん坊の甘えん坊
体は大きいが気が小さい
ビビリさん

ミミ キジ白♀
ミミプロフ用

2004年4月4日生まれ
超がつくほどマイペース
不思議な行動が多く
妙に人間っぽい猫

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
メッセージBOX

お名前:
メールアドレス:
メッセージ:

twitter
Facebook
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR