介入してみました

今日はココさんの通院日。

すっかり元気で、ごはんもよく食べ、吐くこともなく、
本猫は普段通りに過ごしています。

快復しているように見えても、
すい炎は1週間で治まるというものではないようです。

なので、服薬と通院はもう少し続けていきます。

ビックリ顔
「え?そうなの?」

ココさん、診察前にもオヤツを食べられるようになりました。
※参照「確認してみました。

通院のストレスを少しずつでも減らしていけるよう、
これからもココさんミミさんと一緒に頑張りたいと思います。

そして、帰宅してすぐに私が取り組んだのは・・・

引き戸をはさむ

引き戸に挟まること。

どういうことかいうと・・・

①病院から戻り、キャリーのままココさんを寝室へ。
②オヤツを持って引き戸を閉め、自分が挟まる。
③ココさんのキャリーをオープン。
④ミミさんにオヤツを投げてこちらに呼ぶ。
⑤ココさんにもオヤツをあげる。

そうすると、私を挟んで右(寝室)にココさん、
左(リビング)にミミさんという図が出来上がります。

左右にココミミ

今まですぐにキャリーを開けてココさんを自由にしていましたが、
ミミさんとの対面に私が介入してみたわけです。

だんだん引き戸を開けて対面するも
オヤツに夢中なおふたり。

オヤツに夢中

お約束程度のシャーはありましたが、
お互いそんなに気にする様子もなく、一緒に食べていました。

一緒に食べる

前回の通院後、ミミさんに対するココさん。
ダメー
※病院に行ったのはココさんです。

今日の通院後のココさん。
穏やか
「家って落ち着くわ。」

普通

普通です。

今までの八つ当たりは
「今までの八つ当たりは何だったのかしら。」

どちらかが病院へ行き、帰ってくるとシャーシャー合戦。
ずっとそれが当たり前だと思っていました。

この方法を知ったとき、
「そんなにうまくいくだろうか・・・」なんて
失礼ながら思ったりもしましたが、ものは試し。

試して大正解!

ちょっとの手間が大事だということを、
身をもって痛感した次第でございます。

あっという間にくっついて

あっという間にくっついて・・・

なぐさめる
ココ「また病院だったの。」
ミミ「頑張ったわね、きょうだい。」

いつも通りです


今回の方法、参考にさせていただいた記事はこちらです。
「退院おめでとう」は態度で示そう
態度で示すって?



お読みいただきありがとうございます。
ポチッと応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログへ

コメントの投稿

非公開コメント

なんと!

幸いうちは、片方だけが病院に行った時でも(例外はみぃの去勢手術後だけでした)普通モードなので 今のところ大丈夫なのですが、今後のために覚えておきますね^^

A様

どちらかが病院へ行っても普通モードとは羨ましいです!

アッシュちゃんとみぃくんなら大丈夫だとは思いますが・・・

今後もしもシャーシャー言う状態になることがあれば、
こんな方法もあったと思い出していただけると嬉しいです(^^)
猫さんのお留守番サポート
猫さんとの出逢い
東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~ NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~
プロフィール

ひぐちちえ

Author:ひぐちちえ
本が好き。
体を動かすことが好き。

何よりも猫が大好きです。

No cats,no life♡

ココ キジトラ♀
ココプロフ用

2004年4月4日生まれ
食いしん坊の甘えん坊
体は大きいが気が小さい
ビビリさん

ミミ キジ白♀
ミミプロフ用

2004年4月4日生まれ
超がつくほどマイペース
不思議な行動が多く
妙に人間っぽい猫

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
メッセージBOX

お名前:
メールアドレス:
メッセージ:

twitter
Facebook
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR