にんじんすりおろしの術

ココさんとミミさんがキャベツを食して1週間。

ココさんは細かく刻んだキャベツの粒だけを器用に残す、
という技を身につけました。

一方、キャベツと知ってか知らずか、
普段と変わらずモリモリ食べていたミミさんに変化が現れました。

(これより先、お食事中の方は2行飛ばすか、覚悟願います。)

毎日きちんと出るけれど、このところコロコロかためな便だったミミさん。

キャベツを食べてから、つややかな良い便になりました。

お野菜のチカラ、ありがたや。

そんなわけで、そろそろ次のお野菜を・・・

2番バッターは、にんじんでございます。

余談ですが、我が家にはフードプロセッサーがなく、
猫ごはんは『細かく刻む』『すりおろす』『すりつぶす』の
三手法をうまく活用していこうと思っています。

前回のキャベツは、茹でて刻んでココさんに拒絶されたので、
今回のにんじんは生のまますりおろしました。

にんじん入り

ペースト状の缶詰に混ぜ混ぜ。

なんでも食べる
「うみゃい、うみゃい♪」

缶詰に混ぜれば、ミミさんはなんでも食べるような気がします。。。

ココさんには「また何か入れたでしょ?」という目で見られ・・・

それでもガツガツ食べているミミさんにつられたのか、
ゆっくり食べ始めました。

隣を狙う

早食いミミさん、ココさんの分を狙っています。

ココさんがごちそうさまをするまで横取りしてはいけません、と
ミミさんに言い聞かせること数分。

食べちゃった
「やだ、食べちゃった。」

ココさん、にんじん入り缶詰を完食。

すぐさまお皿舐め隊出動。

お皿舐め係
「最後の一粒まで舐めるのよ。」

ちゃぶ台に落ちたカケラまできれいに拾い、ピカピカになりました。

きれいになった
「ごっつぁんです。」

にんじん、ココさんもミミさんもクリアーです。

すりおろした残りは、にんじんケーキにしたり、

にんじんケーキ

お酢とオリーブオイル、レモン汁、塩、コショウで味を調えて
にんじんドレッシングにもしています。

にんじんドレッシング

私はお肉にかけて、さっぱり食べちゃいます。

肉に合う
ひとり飯・・・盛り付けテキトーです。。。

世間には猫ごはんのレシピ本もありますが、
そこまで辿り着くのは、まだまだ先かな?というくらい
スローペースで歩んでおります。

なんでも食べてくれるミミさんはよしとして、
変化に敏感なココさんが美味しく食べられるように、
あれこれ考えることがまた楽しいのです。

手作りごはんへの道はつづく。。。



お読みいただきありがとうございます。
ポチッと応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログへ

コメントの投稿

非公開コメント

猫さんのお留守番サポート
猫さんとの出逢い
東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~ NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~
プロフィール

ひぐちちえ

Author:ひぐちちえ
本が好き。
体を動かすことが好き。

何よりも猫が大好きです。

No cats,no life♡

ココ キジトラ♀
ココプロフ用

2004年4月4日生まれ
食いしん坊の甘えん坊
体は大きいが気が小さい
ビビリさん

ミミ キジ白♀
ミミプロフ用

2004年4月4日生まれ
超がつくほどマイペース
不思議な行動が多く
妙に人間っぽい猫

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
メッセージBOX

お名前:
メールアドレス:
メッセージ:

twitter
Facebook
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR