トマシーナ

猫だましい』を読んで知った、『トマシーナ』。

トマシーナ

著者のポール・ギャリコ氏は大の猫好きで、
「自分の作品の中では、猫を主人公にしたものが最も気に入っている。」
と言ったほどだそうです。

ポール・ギャリコ氏の猫を主人公にした作品といえば、
『ジェニィ』が有名でしょうか。

私は『ジェニィ』は、矢川澄子さん訳の『さすらいのジェニー』を読んだので、
『トマシーナ』は違う方の訳をあえて選んでみました。

いつもイライラして怒りっぽい獣医のマクデューイ氏。
その娘、メアリ・ルーが大切にしている猫のトマシーナ。

トマシーナが病気になり、マクデューイ氏は簡単に
娘の猫を“片付けて”しまう・・・。

トマシーナを失ったメアリ・ルーは心を閉ざし、
次第に生命の炎も消えかかっていく・・・。

メアリ・ルーを救うものは何なのか、
マクデューイ氏に必要なものは何なのか、
ハラハラドキドキ、いつの間にか物語に引き込まれます。

そして、やはりポール・ギャリコ氏。
猫の描写が生き生きと輝いています。

トマシーナの行動もセリフも、猫目線で堅実に書かれているところが、
猫好きの読者を惹きつけるのでしょう。

個人的な感想ですが、この作品は、テーマが壮大で
“愛”や“信じる心”を基盤として様々な要素が
絡み合っていると感じました。

私のつたない文章では、なかなか上手にお伝えできないのですが・・・

人と人の関係、人と動物の関係を
今一度考えさせられる作品だと思います。

興味を持ってくださった方は、
どうぞ本を手にとってみてくださいませ。

マクラーナ
「今日もあたしはマクラーナ。」

アタボーナ
「そんなのアタボーナ。」

仲良くネムリーナ
密集



お読みいただきありがとうございます。
ポチッと応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログへ

コメントの投稿

非公開コメント

猫さんのお留守番サポート
猫さんとの出逢い
東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~ NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~
プロフィール

ひぐちちえ

Author:ひぐちちえ
本が好き。
体を動かすことが好き。

何よりも猫が大好きです。

No cats,no life♡

ココ キジトラ♀
ココプロフ用

2004年4月4日生まれ
食いしん坊の甘えん坊
体は大きいが気が小さい
ビビリさん

ミミ キジ白♀
ミミプロフ用

2004年4月4日生まれ
超がつくほどマイペース
不思議な行動が多く
妙に人間っぽい猫

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
メッセージBOX

お名前:
メールアドレス:
メッセージ:

twitter
Facebook
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR