うちのコ2年生

ムードメーカ―の美鈴ちゃん。

てへっ

我が家にやって来たのは昨年の9月2日です。

ツンデレ(私にはデレデレ)三幸ちゃんと・・・

ついかまう

末っ子柚子ちゃんがやって来たのは9月6日。

かわいいこ

3にゃんずと暮らし始めて丸1年が経ちました。

先週、ようやくY様のお墓にご挨拶に行くことができて、
みんな元気に過ごしていることをご報告できました。

霊園

ご自身の病状を知り、すぐに私に電話をくださったY様。

「明日から入院するから、
しばらく猫たちのお世話をお願いしたい」

期限のない入院とシッティングのスタートでした。

転院されたタイミングで、
3にゃんずは我が家で預かることに。

Y様が一瞬でも三幸ちゃん、美鈴ちゃん、柚子ちゃんに
会いに来てくださることを信じていましたが
叶いませんでした。

ご自身が辛い中でも、猫たちのことを気にかけていたY様。

今、お空から眺めて安心してくださっているでしょうか。

むらがるにゃんず
またたび祭り。

ひとり占め
独り占めスイッチON!

違うまたたび
狙いを変える妥協上手。

がぶりんちょ
ガブリンチョ!

イッてます
スーハー、スーハー。

いや、もう、シッティングに行っていた時から可愛いコたちでしたが、
うちのコになったら、さらに可愛くて仕方ないです。

なんでもいいの
おさがりでも気にしない派。

おとな猫だって、こうして家族になっていくのだと
毎日幸せを実感しています。

ちゃんと見送るから、
三幸ちゃんも美鈴ちゃんも柚子ちゃんも
長生きしなはれ

そんなことを思う今日この頃です。

満足じゃ
満足じゃ。


    

明日も譲渡会やります。
______9_4_11_sns_.png

【保護猫の譲渡会】
9/11(日)13時~16時
蕨市中央3-16-9-2階

明日の次は10月の開催(日程未定)です。


6月から会社DE譲渡会を始めて、
5頭の猫たちが幸せ切符を手にしました。

猫との出会い、人との出会いも
つくづくご縁だなと感じます。

ぜひ譲渡会を覗きにいらしてください。



お読みいただきありがとうございます。
ポチッと応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログへ

肛門嚢が破裂した話

1ヶ月があっという間です。

1ヶ月があっという間ということは、
1年もあっという間なのでしょうね。。。

さて。

今日はフラワー三幸ちゃんのお話を。

フラワーみこ
フラワーですが何か

先月のとある日。

三幸ちゃんが、やたらお尻を気にして舐めていました。

確認すると・・・

皮膚に2つ穴が・・・!

なんじゃこりゃー

・・・と、大慌てで調べ、
どうやら肛門嚢が破裂したっぽい・・・
との事がわかり病院に連れて行きました。

キャリーイン
ビョーイン・・・

結論から申しますと、洗浄して消毒して
1週間くらいの服薬で治りました。

三幸ちゃんはシッティングに行っていたときから、
トイレのあとにお尻歩きをする猫でした。

我が家に来てからも、たびたびお尻歩きをしていました。

「何か違和感があるのだな」とは思いつつも、
排泄は良好、ウンチもオシッコも問題なし。

別件で何度か三幸ちゃんを病院に連れて行きましたが、
お尻歩きについては、きちんと獣医師に相談するということを怠っていました。
(というか忘れていた

肛門腺(分泌液)が溜まりやすい猫がいることは
知識として知ってはいたけれど・・・

三幸ちゃん、あなたそのタイプでしたか。

肛門腺が溜まりすぎてしまうと、
肛門腺を溜める袋の肛門嚢が破裂します。

肛門嚢破裂

アニコムさんのこちらの記事がわかりやすかったので、
気になる方はご参考にどうぞ。

猫の「肛門嚢」が破裂した?それってどんな病気?


炎症していたときは、
なるべくお尻を舐めないように、
かつ、なるべくストレスにならないように
柔らかめのカラーをつけていました。

階段おりられる
階段おりられます。

爪もとげる
爪もとげます。

少々あたる
少々当たるので・・・

ベッド戻る
ベッドに戻ります。

階段のぼれる
階段のぼれます。

ギリ届かない
お尻はギリギリ届きません。

三幸ちゃん、痛かったのかなぁ・・・

気づいてあげられなくてごめんね。。。
と反省しつつ、肛門絞りのレクチャーを受けましたので、
これからは月1でケアしていきます。

なおった
綺麗に治りました。


ああ、楽しい、猫との暮らし。

いろんな猫がいるから、いろんな経験ができます。

みんな違って、みんな可愛いのです。

もっと撫でれ



・黒猫祭り開催!保護猫譲渡会
8/28(日)13時~16時 蕨市中央3-16-9 第一住宅2階
主催:川口Cats



お読みいただきありがとうございます。
ポチッと応援していただけると嬉しいです。 
にほんブログ村 猫ブログへ

三つの幸せ

今日はバレンタインデー。
大切な人に思いを伝える日。

そんな夜には、みこちゃんの名前のお話をしようと思います。

にゃああ
わたしでーす!

我が家のみこちゃん、漢字で三幸と書きます。

このお名前の由来、
実はずっと気になっていたのですが、
なんとなく聞きそびれていました。

もとのご家族Y様が転院される直前に、
会話の中でさりげなく聞いてみました。

「みこちゃんって、三つの幸せと書きますよね。
どんな意味なんですか?」

Y様は嬉しそうな、ちょっと寂しそうな顔をしながら教えてくれました。

「譲る幸せ」
「引き受ける幸せ」
「一緒につくる幸せ」


一緒につくる幸せ、と話しながら、
込み上げた想いは涙に変わっていました。

それが、Y様とお会いした最後でした。

目が合うと
目が合うと・・・

おしゃべり
お喋りさん♪

私がシッティングにお伺いした最初の頃は、
みこちゃんはいつも仏壇に隠れていました。

少しずつごはんを食べてくれるようになり、
美鈴ちゃんにつられて遊ぶようになり、
甘えてくれるようになり・・・

一緒に暮らすようになった今となっては、こう↓

にぎやか

私の膝がお好きなようです。

ひざのりみこ

今、そしてこれからは、
私がたくさんの幸せをみこちゃんからもらい、
みこちゃんにたくさんの幸せを感じてもらって、
みこちゃんがY様のもとに旅立つまで
一緒に幸せをつくり続けます。

三幸ちゃん。

素敵な名前ですね。

呼ぶたびに温かい気持ちになります。

幸せなら丸くなろ
幸せだ寝。



それでは、また。
おやすみなさい



お読みいただきありがとうございます。
ポチッと応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 猫ブログへ

清掃済

窓から見える木々が、秋の深まりを教えてくれています。

秋の色

お陰様で、なんだかんだ忙しく過ごしております。

へろへろになって帰宅したある日。

お風呂の掃除をしようと浴室に向かうと、
こんなメモがくっついていました。

クリーン済

相方が洗っておいてくれたようです。

ほっこりすると同時に、思わず笑いました。

この猫

渾身の作、三幸ちゃんです。

えっ
えっ?わたし?

目つき悪し
ひどいわ。

うーん・・・似てなくもないような・・・

似てなくもない

けっこう似てるNE!

三幸ちゃんは右の犬歯がなく、左の犬歯が伸びています。

噛み合わせが悪い状態なので
いつも舌が出てしまいがち。

舌が出てても

軽い歯周病もあるので
本当は治療をしたほうが良いのですが、
三幸ちゃんの年齢と体力を考えると
どうしても消極的になってしまいます。

可愛いね
舌が出てても可愛いNE!


4にゃんずがそれぞれ喉を鳴らしながら
穏やかに過ごしてくれていることが、
私の幸せと原動力になっています。

来年の予定がポツポツ入り始め、
手探りながらいろいろと形になってきたような気がします。

振り返る間もなく年を越してしまいそうですが・・・

来年はきっと楽しいお知らせと、
良いご報告ができると思います。

お楽しみに~♪



お読みいただきありがとうございます。
ポチッと応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログへ

猫とのライフプラン

実は、3にゃんずが我が家にやって来た経緯には、
もう一つお伝えしておきたいことがあります。

三幸ちゃん、美鈴ちゃん、柚子ちゃんは、
本当は違うお宅へ行く予定でした。

猫を通じてY様と交友のあった方が、
Y様のご病状を知り、
3にゃんずを引き受けると申し出てくださったのです。

なので当初、私はY様が都内の病院に移られたあと、
Y様のご友人のお宅へ3にゃんずを送り届けて
任務完了の予定でした。

しかし、よーくお話を聞いてみると、
ご友人の方は単身で複数頭の猫と、
犬1頭と暮らしていらっしゃる。

失礼ながら年齢的にも、
一番若い柚子ちゃんを看取ることができるのか
少々疑問に思いました。

しかも、後々詳しく書きますが、
その時点で客観的に見て、三幸ちゃんと柚子ちゃんは
医療が必要であろうと感じていました。

3にゃんずは動物病院に連れて行ってもらえるのだろうか。

日頃のケアをしていただけるだろうか。

目も手も、かけてもらえるだろうか。。

そんなことを考えていたら、
どうしても連れて行けなくなりました。

それぞれ里親を探すことも考えましたが、
難しいであろうことはよくわかっていました。

何よりも、「3頭一緒に」というY様の強いご希望を
ないがしろにするわけにはいきません。

だから、我が家で、と申し出たのです。

Y様のご友人には、私から直接電話をしました。

うちで3にゃんずをお預かりするとご説明したら、
安心した様子で、こうおっしゃいました。

「本当は不安だったの」

猫たちのことを放っておけなくて、
自分が何とかしなくちゃという思いに駆られ、
「うちに連れて来たらいい」と口にしたそうです。

迎える日が近づくにつれて、
3頭も増えて本当に大丈夫だろうかと、
不安で仕方なかったようです。

もしかしたら、こういうケースはこれから
増えていくのではないかと思っています。

ご友人同士で何かあったらお願いね、と
猫のことを託す約束をしていても、
いざその時がきたら、
ライフスタイルが変わっているかも知れません。

猫を託す側は、自分が元気なうちに
複数の選択肢を考え行動しておくこと。

猫を託される側は、無理をしないこと。

楽しいですか
楽しいね。

猫の寿命は、どんどん延びています。

そして、猫も高齢になればそれなりに手はかかります。

10年、20年先を考えて猫を迎えてほしい。

うーん
うーん。

悩む
悩ましい。


そんなことをお伝えしたくて、
キジトラHPにはコラムを掲載しています。

「猫が30歳まで生きる日」を、喜んでばかりはいられない。

本気で考えておきたい『愛猫の引き継ぎ』

ご一読いただけましたら幸いです。

いないいない
いないいない。。

ばあ
ばあ。


今が大切。

だけど、先のことを考えるのも
今と同じくらい大切です。

猫たちのために。


キジトラ比べ
キジトラ―ズ、体型比べ。



お読みいただきありがとうございます。
ポチッと応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログへ
プロフィール

すずきちえ

Author:すずきちえ
本が好き。
体を動かすことが好き。

何よりも猫が大好きです。

No cats,no life♡

猫さんのお留守番サポート
猫と楽しく暮らす家
ココ キジトラ♀
ココプロフ用

2004年4月4日生まれ
甘えっこのお喋りさん
撫でてくれる人と
おやつくれる人がタイプです
~2021年12月22日~
猫の神様のもとへ

ミミ キジ白♀
ミミプロフ用

2004年4月4日生まれ
甘え上手の接待上手
温厚なマイペースさん
~2021年4月13日~
猫の神様のもとへ

三幸(みこ) 三毛猫♀
美鈴 キジトラ♀
柚子 茶白♀
カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新記事
最新コメント
メッセージBOX

お名前:
メールアドレス:
メッセージ:

twitter
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
2091位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

469位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR