長い夜

台風19号が、すぐそこまで近づいています。

経験したことのない大雨、
記録的な暴風・・・

すでに氾濫した川、
浸水、冠水、山崩れ・・・・・

防災無線の緊急放送では、
警戒レベル4、避難勧告が出ましたYO!

一人暮らし歴だいぶ長いですが、
こんなに心細く感じたのは初めてです

いつも通り
ココさんミミさんは、いつも通り。

平和でござる
平和でござる。


早めにお風呂を済ませ、
湯船のお湯はそのまま残し、
夜ごはんもすでに平らげて、
おむすびたくさんこしらえました。

iPhone、iPad、PC、ガラケー、
モバイルバッテリーもフル充電。

Seriaのライトもスタンバイ。

セリアのライト

単4電池3本で、17時間持続するとか。

電池で17h

電球の反対側は、オモチャにもなるそうです。

オモチャにもなる
※ココさんの感想です

そういえば、マンション購入時に説明を受けた足元灯。

足下灯は

外せるということを、そのとき初めて知りました。

はずせます

手元、足元を照らすには十分な明るさなので・・・

けっこう明るい

非常灯として使えます。

懐中電灯代わり

マンションにお住まいの方は
確認してみてくださいNE!

ココさんミミさんのごはんと投薬も済ませ、
リビングのキャリーを1つ寝室へ。

準備OK
準備OK。


今日は、長い夜になりそうです。


ご自宅で猫さんと過ごしている皆さま、
もしも猫さんが外の音を怖がっていたら、
スキンシップが好きなコにはナデナデを、
食べるのが好きなコにはオヤツを。

「大丈夫」と声をかけるだけではなく、
態度で示してあげてください。

怖いときに「大丈夫」という声だけでは、
猫にとって「大丈夫」がコワイ呪文になります。

これは、病院のときも同じ。

普段から、猫さんがリラックスしているときに
「ダイジョウブ」というBGMを
流しておくことをオススメいたします。

安全地帯
膝の上は安全地帯。


今後のご参考までに避難所のお話を・・・

ペットを連れて避難できることを同避難と言い、
避難所で一緒に過ごせるかどうかは
各自治体や避難所の判断になります。

一方、避難所で一緒に過ごせるのが同避難です。

さいたま市では同行避難が基本、
川口市、蕨市では避難所によって対応が違うようです。


最大級の警戒で猫たちのことも守り、
台風を乗り切りましょう!

どうか皆さまご無事で。



お読みいただきありがとうございます。
ポチッと応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログへ

ペット防災セミナー

どうも。
書きたいことはたくさんあるのに、
睡魔に負けて更新をサボり続けている私です

先週の土曜日、一般社団法人HUGさん主催の
「ペット防災セミナー」に行ってまいりました。

ペット防災セミナー

実は私、埼玉県の
災害時動物救護活動ボランティア
登録しております。

災害時、猫に関することは率先して
ご協力させていただくつもりでいます。

そんな心構えもありつつ、
今回のセミナーを受講いたしました。

同行避難支援のあり方から、
普段のマナーやルール、意識向上の大切さ。

人とペットが共に地域社会の一員になるために、
ペットと暮らす私たちは何をしたら良いのか。

そんなことをたくさん考えました。

繰り返し学び、想定し、備えること。

今すぐにできるのは、自分が住んでいる地域の
避難場所やハザードマップの確認です。

家具は固定していますか?

猫さんが隠れられる安全な場所はありますか?

ごはんや薬の備蓄はしていますか?

猫さんは何でも食べられますか?

首輪やリードは、古くなっていませんか?

家に猫さんがいることを、周りの人は知っていますか?

くまもん迷子札

セミナー後の懇親会で、
くまモン迷子札をいただきました。

熊本地震の現場を間近で支援し続けてきた
講師の冨士岡さんのお話は、
防災の本質を教えてくれるものでした。

一夜にして被災地。
一夜にして被災者。


この言葉を胸に刻み続けたいと思います。

抱え込み

ココさんに抱き続けられているDr,Kellyさん。

猫の防災リュックの中には、
フードやトイレ用品の他に
大好きなオモチャもあると良いと思います。

頭はいずこ
離しません。

ようやく解放されたDr,Kellyさん。
解放
頭がペッチャンコだNE!

どっひゃー
どっひゃー。


懇親会終了後、冨士岡さんとパシャリ。
よっぱっぴー

有意義な時間を、ありがとうございました。



お読みいただきありがとうございます。
ポチッと応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログへ

ネコとの防災を考えよう

夕方からガラリと空気が入れ替わり、
暑さもようやく一段落

午前中は、全日本動物専門教育協会さんの
『日頃から備える猫のための防災セミナー』に
行ってきました。

ネコとの防災を考えよう

これまでに、ペットの防災セミナーは
いくつか参加させていただきましたが、
猫のための防災セミナーは初めて。

何から伝えればいいのかわからないほど、
書きたいことはいっぱいあります

災害の多い日本で暮らすためには、
兎にも角にも備えること。

ハザードマップやガイドラインは、
誰かがポストに入れてくれたり、
回覧板でまわってきたりはしません。

自分が住んでいる地域の情報は自分で調べて、
把握しておく必要があります。

情報は更新されることもあるので、
定期的にチェックしておくと良いとか。

家の中が安全であるかのチェックも、
時折しておきたいところです。

猫が自主避難できるような
“いつでも隠れられる場所”はありますか?

ケージやクレートを普段使いすること、
その中で猫が眠れるようにしておくことを
推奨していました。

猫のフードやお水は最低1ヶ月分以上は
備蓄しておきましょう。

投薬が必要な猫さんには、もちろんお薬も。

それから、トイレ用品について。

うちは紙砂だから、と、万が一の時は
砂を持ち運ぶ気満々でいたのですが・・・

今日のセミナーで、実際に、猫と人の避難用品
プラス犬猫約3キロずつの重さを体感させていただき、
とんでもない重さになることが判明。

避難時は、ペットシーツが正解です。

普段から、シーツでも排泄できるように
経験しておく必要がありますね~

今日のセミナーでは、
トレーニングのお話がたくさんありました。

家族以外の人に慣らしておく、
他の動物に慣らしておく、
家以外の場所に慣らしておく。

特に大事なのは、クレートやキャリーが
猫にとって安心安全な場所であること。

キャリーにも

ハーネスとリードにも慣れておくと
良いと思います。

ハーネスにも
柄がバラバラなのはご愛嬌。

もちろん、迷子札付きの首輪にも。

首輪にも

備えると一口に言っても、
本当にたくさんの物事が必要で、
普段の意識や積み重ねだと感じました。

都市部では、在宅避難を呼びかけている
自治体もあるそうで、避難しないという選択もあります。

何を優先するべきか、
災害時に備えて、今できることは何か。

緊急時にも大切な猫たちを守るために、
日頃から考え、行動しておきたいものです。

してないようで

首輪をしていないようで・・・

してまっせ

実は、している件。

以下

以下同文。

同文


6/16(土)『ねこのハズトレってなに?@埼玉』
詳細、お申し込みはコチラです。

まだお席に余裕あります。
複数名でのご参加、拡散、大歓迎です
よろしくお願いいたします



お読みいただきありがとうございます。
ポチッと応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログへ
猫さんのお留守番サポート
プロフィール

すずきちえ

Author:すずきちえ
本が好き。
体を動かすことが好き。

何よりも猫が大好きです。

No cats,no life♡

ココ キジトラ♀
ココプロフ用

2004年4月4日生まれ
食いしん坊の甘えん坊
体は大きいが気が小さい
ビビリさん

ミミ キジ白♀
ミミプロフ用

2004年4月4日生まれ
超がつくほどマイペース
不思議な行動が多く
妙に人間っぽい猫

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
最新コメント
メッセージBOX

お名前:
メールアドレス:
メッセージ:

twitter
Facebook
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
982位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

245位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR