猫の食事を5W1Hで考える

個人の方主催のセミナー、
「猫の食事を5W1Hで考える食事管理と行動学」に
参加させていただきました。

5W1H.jpg

講師は動物夜間救急で働く獣医さん。

動物たちの過酷な状態を見て、
予防医療を普及することを決意したそうです。

今日は猫のごはんについて、

WHY 何のためにごはんをあげる?
HOW どうやってあげる?量や回数は?
WHO 誰があげる?
WHAT 何を食べる?
WHEN いつあげる?
WHERE どこであげる?

5W1Hを、一つ一つ確認しました。

このブログを見てくださっている方や、
シッティングを依頼してくださる方は、
ほとんどの方が猫は家族という認識だと思います。

もちろん、私にとってもココさんミミさんは、
かけがえのない大切な大切な家族です。

家族だけれど、です。

真の肉食動物、ネコ科です。

人間とは必要な栄養素も身体のつくりも全然違う。

当たり前かも知れないけれど、
その種を知ることって、本当に大事です。

バランスやメンタリティを考えることも必要だと
改めて感じました。

愛猫がごはんを食べている時、
人は近くにいますか?食べ方を見ていますか?

愛猫は喜んでごはんを食べていますか?

私たち猫と暮らす人間は、
猫の最高のパートナーであり、最高責任者でもある
そんな言葉が印象的でした。

おみやげ
お土産もらいました♪

ねこケーキ
帰りに糖分補給

ごはんのこと、トイレのこと、遊びのこと、
その他、猫と暮らす上での様々なこと・・・

基本や理想はあれど、
猫によって好みや必要なものは
千差万別、十猫十色。

何を選ぶか、どんなことができるのか、
いつも広い視野を持っていたいと思います。

詰まってた

帰宅したら、詰まっていました。

舐めてあげて

ミミさんを舐めてあげたら・・・

押し込まれる

さらに押し込まれたココさん。

半々ではない

ぎゅうぎゅうですが、仲いい寝。

となり空いてます
「あたしの隣、空いてます。」

相合傘もココさん寄りになる件。

ココ寄りになる

仲良し姉妹は健在です



お読みいただきありがとうございます。
ポチッと応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログへ

愛犬救命士を受けて

愛犬救命アドバイザーに続いて、
昨日は愛犬救命士のセミナーを受講しました。

愛犬救命士セミナー

愛犬救命アドバイザーと愛犬救命士の違いは、
主にアドバイスをするのか、主体となって処置を施すのか。

あくまでも緊急時の応急処置、蘇生処置です。

昨日は獣医さんの講義を聞き、
保定や包帯の巻き方など、
より実践的な内容を教えていただきました。

耳で聞くだけではなく、
参加ワンコたちのご協力をいただいて、
実際にいろいろ体感することができました。

アドバイザーコースでも心肺蘇生法の
ロールプレイングはありましたが、
愛犬救命士では、実技試験があります。

そして筆記試験もあります。

久しぶりの試験に頭がパンパンになり、
昨夜は疲れ果てて爆睡でした

結果は1ヶ月後。

2日間で学んだことは新たな知識になり、
本当に受講してよかったと思いました。

学んだことを忘れないよう、
とてもわかりやすい教科書を見返しながら、
いつかのもしものために備えます。

実践する場面がないことを祈りながら。

愛犬救命アドバイザー、愛犬救命士に興味のある方は、
愛犬救命協会のページをチェックしてみてくださいませ。

愛猫にも役立つこと請け負います。

ココのSOS

ココさんのSOS。

腹へり
「お腹が空いて動けないわ。」

ちらっ
チラッ。

必殺、黙って上目遣い。

手貸しまっせ
「あたしの手、貸すわよ。」

なんつってな
「なんつって。」

平和です



お読みいただきありがとうございます。
ポチッと応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログへ

愛犬救命アドバイザー

ねこ友さんに誘っていただいて、
愛犬救命アドバイザーのセミナーを受講してきました。

愛犬救命

一番最初に聞いたときは、
「犬・・・?」と思ったのですが、
猫の応急手当にも、とても役立つ内容でした。

誤飲・誤食をしてしまったとき、
吐かせたほうがいいもの、吐かせてはいけないもの。

心臓マッサージ、人工呼吸。
止血の注意点、搬送の仕方。

病院についても、
かかりつけの動物病院がお休みのときや、
夜間、早朝はどうするのか?

24時間、いつ緊急事態になっても慌てないよう、
備えが大事だと痛感しました。

心拍数や呼吸数、体温なども、
日頃の状態を知っておくことで、
早く異変に気がつくことができます。

早く気がつけば、早く対処できる。

正しい知識があれば、
緊急事態に自分でも対応することができる。

うちのコにも、よそのコにも、
知らなかった、何もできなかったと
後悔しないように・・・

そんな思いの詰まった講座でした。

アドバイザー修了証

というわけで、
愛犬救命アドバイザーになりました。

今日だけのつもりが、急遽、
明日の愛犬救命士も受講することになり・・・

文字通り、これから一夜漬けで勉強します。

とか言って寝ちゃったりして。

開いてる寝

昨日は布団に引きこもりだったのに、
今日はおっぴろげなココさん。

あいーんだ寝
あいーん。

日々変わるココさんミミさんを見守りながら、
必要なときに手助けをしたいのです。



お読みいただきありがとうございます。
ポチッと応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログへ

東洋医学的、季節別ケア

開業しました~なんて言いながら、
昨日はがっつりセミナーに参加していました。

東洋医学秋冬ケア

東洋医学的!
うちのワンニャン体質チェックと季節別ケア
~秋&冬編~

私が実際に会ったり、話を聞いたりする猫さん。
病院が苦手、という場合がほとんどです。

まれに病院大好きなコもいます。

日々のトレーニングで病院に慣れて、
へっちゃらになるに越したことはありません。

すでに病院が大嫌いで、
行くだけでものすごいストレスになる猫さんには、
自宅でできるケアを取り入れるのも
一つの方法ではないかと思いました。

昨日は予定時刻を大幅に過ぎるほど、
盛り沢山な内容で濃く教えていただきました。

皮膚の見方、どの部分が悪いのか、
熱いのか冷たいのか、
舌の見方、肉球の見方・・・

秋冬に気をつけることや、
食べると良い食材まで。

何か症状があれば、
その部分だけを治療するのではなく、
身体全体をみること。
根本を治すこと。


そんな考え方が腑に落ちます。

人にも当てはめて考えられることが有り難い。

ココさんミミさんはもちろん、
自分の体調管理にもとても役立ちます。

薬膳カレー

セミナーの後は薬膳カレー。

身も心も元気満タンです

セミナー会場で購入したあずきパック。

あずきパック

興味津々だったけれど・・・

なんだこれ

ちょっと不満顔。

食べれない
「食べられないわ。」

使い方はこうです。

こういうもの

中のあずきをレンジで温めて、
じんわりぬくぬく。

※写真は温める前、ただ乗せただけ

気にしないタイプ

耳が少し冷たい時があるココさんミミさん。

本格的に寒くなる前に、
あずきパックで下半身を温めながら、
マッサージしていきます。

猫にも温活を。

マッサージは集中して穏やかにできる時に。

テレビを見ながらはNG。

猫が気持ち良さそうにしていること。

無理矢理はNG。

撫でるだけ、さするだけでもOKだそうです。

大切な家族である猫たちを
いつもよくみて、触ってあげてくださいね



お読みいただきありがとうございます。
ポチッと応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログへ

ノーズワーク、ステップアップ

昨日、ノーズワークのステップアップクラスに
参加させていただきました。

[参照記事]
ノーズワーク体験記
ノーズワークを学ぶ

毎度お馴染みレビィさん。

ノーズワーク中

ノーリードで箱も増えました。

なんと、写真はこれだけという・・・

その場にいると、写真を撮るよりも、
しっかり見たくなるのです。

読書感想文で表彰された私でも、
写真と文章でノーズワークの楽しさを伝えるのは
なかなかどうして難しいものです。

実際に目の前で見て、
犬たちの表情や動きが変わるのを見ると、
とても楽しく、幸せな気持ちになります。

実は今回は、セッションの途中で
レビィさんがオシッコをしてしまいました。

それは、レビィさんの失敗ではありません。

そうさせてしまったのは人間側。

レビィさんはセッションの前に
いつもより興奮していました。

セッションを始めたものの、
レビィさんにとっては、
サーチどころではなかったのでしょう。

ココさんミミさんは私に
たくさんのことを教えてくれていますが、
今、レビィさんも私にいろいろ教えてくれています。

昨日の最後のセッションでは、
レビィさんは上手にオヤツを探せていました。

ノーズワークは、無理にやらせるものではありません。

やるのも、やらないのも、犬しだい。

だいたいのコが、もっとやるー!
となっていましたが

今回参加した猫と暮らす人、3名。

前回より増えてるー

猫の場合は、こういった場所に行って
レッスンを受けるというのは難しいです。

でも、猫も家で出来ます。

知れば知るほど奥が深いノーズワーク。

一緒に猫鼻部になりませんか。

ぼへー
「なんか楽しいことないかしら。」

相方の尻尾
「あ、相方。」

かぐわしい
「かぐわしい・・・」

バレて知らぬふり
ココ「何してんの。」
ミミ「いえ、べつに。」

鼻から得る情報多し



お読みいただきありがとうございます。
ポチッと応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログへ
猫さんのお留守番サポート
猫さんとの出逢い
東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~ NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~
プロフィール

ひぐちちえ

Author:ひぐちちえ
本が好き。
体を動かすことが好き。

何よりも猫が大好きです。

No cats,no life♡

ココ キジトラ♀
ココプロフ用

2004年4月4日生まれ
食いしん坊の甘えん坊
体は大きいが気が小さい
ビビリさん

ミミ キジ白♀
ミミプロフ用

2004年4月4日生まれ
超がつくほどマイペース
不思議な行動が多く
妙に人間っぽい猫

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
メッセージBOX

お名前:
メールアドレス:
メッセージ:

twitter
Facebook
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR