ペット共生住宅シンポジウム

東洋大学と、日本愛玩動物協会主催の、
ペット共生住宅の適正化推進方策を考える
シンポジウムに参加してまいりました。

シンポジウム

動物愛護管理法のお話から始まり、
多頭飼育、殺処分、防災に触れ、
人と動物の共生する社会について考えました。

多頭飼育に陥りやすいのは、
高齢者や、地域で孤立してしまった人。

殺処分になると知っていて、
犬猫が行政に持ち込まれる理由には、
飼い主の死亡や入院。

そして、犬猫が思わぬ病気になり、
治療費が払えないという
経済的な理由もあるそうです。

命を守れる社会にするには、
社会的弱者と呼ばれる方々を地域で、社会で、
サポートする必要もあるのではないかと、
少々心の痛む思いでした。

なんて顔
ガビーン。

そんな基調講演のあとは、
ペット共生住宅の様々な事例や
考え方を教えていただきました。

今、猫の室内暮らしは当たり前になっています。

見識ある専門家の方々が
ペット共生住宅でまず考えるのは、
脱走防止対策です。

家の中で、安全に、快適に。

私も当然そう考えています。

そんな中、また一つ、
新たな気づきがありました。

室内暮らしの犬猫は、
自分の好きな時に光や風を感じられない。


直接浴びることはできなくても、
窓辺に行けば光は感じることができるかも。

じゃあ、風は・・・?

ペット共生住宅も、ここまできてるのか、なんて、
ひとり嬉しくなっていた私です。

国際的動物福祉の基本に、
5つの自由(5フリーダム)というものがあります。

1.飢えや渇きからの自由
2.不快からの自由
3.痛み、負傷、病気からの自由
4.恐怖や抑圧からの自由
5.本来の行動をする自由

猫の自然な行動って何だろう、と常に考えて、
住まいづくりをしていきたいと、改めて思いました。

てへっ
よろしゅう。

キャットシッター目線も盛り込んだ、
猫仕様の戸建て住宅、
川口市某所で着工しております。

着工してる

1棟限定で販売いたします。

ご興味のある方は、今後の動きを要チェケラー

おかえりんこ
とりあえず見ておく。

今日、会場に着いて、
受付をしようとしたところで偶然、
キャットシッターゆうねこさんにお会いしました。

思わず抱きつきそうになるくらい、嬉しかったです。

お客様のご自宅に伺う仕事だからこそ、
住まいに興味を持つシッターさんが
もっと増えればいいな、と思います。



お読みいただきありがとうございます。
ポチッと応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログへ

不動産女性塾

フェイスブックでたまたま見かけた
不動産女性塾

どうしても気になって、
セミナーに参加させていただきました。

しあわせの家

不動産業は幸せにどれだけ貢献できるのか?

そもそも、どうしてみんな家を買う(借りる)の?

幸せの家とは、どんな家?

どこに行っても最近よく耳にするのは、
2025年問題。

人口減少、超高齢化社会は、
不動産業にも影響があります。

AIが自動で設計、家賃設定までしてくれたり、
3Dプリンターで家を造る事業も
実際に着手しているんですって。

いろんな技術がどんどん進化して、
専門家の仕事は必要なくなるんじゃないか、
なんていうお話もありました。

でもね。

AIにはないものを、人間は持っています。

どんなにIoTが進化しても、
人間にしかできないことがあります。

介在価値は、自分で見つける。

未来は、自分で作るもの。

これからを生き残るためには、
どうしたらいいのか。

みんなが気持ちよく働けるためには、
どうしたらいいのか。

そんなことばっかり考えています。

座ると座る
私が座ったら、座る。

くつろぐとくつろぐ
くつろいだら、くつろぐ。

嗅がないで
足のニオイは嗅がないで。

不動産業は、まだまだ男性が多い業界です。

女性の不動産経営者の方のお話を聞き、
女性だからできることもあると知りました。

そして実際に活躍して、
地域貢献、社会貢献している方も
いっぱいいらっしゃる。

今日もたくさんの出会いがありました。

動物大好きな建築士さんとも
名刺交換をさせていただき、
いつか一緒に仕事しましょう!なんてお話したり。

えんがちょ
早く一緒に寝ましょう。


構想が妄想にならないよう、
未来は、自分で作っていきます



お読みいただきありがとうございます。
ポチッと応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログへ

ネコとの防災を考えよう

夕方からガラリと空気が入れ替わり、
暑さもようやく一段落

午前中は、全日本動物専門教育協会さんの
『日頃から備える猫のための防災セミナー』に
行ってきました。

ネコとの防災を考えよう

これまでに、ペットの防災セミナーは
いくつか参加させていただきましたが、
猫のための防災セミナーは初めて。

何から伝えればいいのかわからないほど、
書きたいことはいっぱいあります

災害の多い日本で暮らすためには、
兎にも角にも備えること。

ハザードマップやガイドラインは、
誰かがポストに入れてくれたり、
回覧板でまわってきたりはしません。

自分が住んでいる地域の情報は自分で調べて、
把握しておく必要があります。

情報は更新されることもあるので、
定期的にチェックしておくと良いとか。

家の中が安全であるかのチェックも、
時折しておきたいところです。

猫が自主避難できるような
“いつでも隠れられる場所”はありますか?

ケージやクレートを普段使いすること、
その中で猫が眠れるようにしておくことを
推奨していました。

猫のフードやお水は最低1ヶ月分以上は
備蓄しておきましょう。

投薬が必要な猫さんには、もちろんお薬も。

それから、トイレ用品について。

うちは紙砂だから、と、万が一の時は
砂を持ち運ぶ気満々でいたのですが・・・

今日のセミナーで、実際に、猫と人の避難用品
プラス犬猫約3キロずつの重さを体感させていただき、
とんでもない重さになることが判明。

避難時は、ペットシーツが正解です。

普段から、シーツでも排泄できるように
経験しておく必要がありますね~

今日のセミナーでは、
トレーニングのお話がたくさんありました。

家族以外の人に慣らしておく、
他の動物に慣らしておく、
家以外の場所に慣らしておく。

特に大事なのは、クレートやキャリーが
猫にとって安心安全な場所であること。

キャリーにも

ハーネスとリードにも慣れておくと
良いと思います。

ハーネスにも
柄がバラバラなのはご愛嬌。

もちろん、迷子札付きの首輪にも。

首輪にも

備えると一口に言っても、
本当にたくさんの物事が必要で、
普段の意識や積み重ねだと感じました。

都市部では、在宅避難を呼びかけている
自治体もあるそうで、避難しないという選択もあります。

何を優先するべきか、
災害時に備えて、今できることは何か。

緊急時にも大切な猫たちを守るために、
日頃から考え、行動しておきたいものです。

してないようで

首輪をしていないようで・・・

してまっせ

実は、している件。

以下

以下同文。

同文


6/16(土)『ねこのハズトレってなに?@埼玉』
詳細、お申し込みはコチラです。

まだお席に余裕あります。
複数名でのご参加、拡散、大歓迎です
よろしくお願いいたします



お読みいただきありがとうございます。
ポチッと応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログへ

愛猫のために学ぶホメオパシー

シッターになってから初めて、
余裕のあるゴールデンウィークです。

有意義に過ごすべく、今日はこちらへ。

愛猫のホメオパシー

実は私、Natura Sanat(なちゅらさなっと)さんの
自然食コースを受講、修了しています。

可愛い修了証

今回は、猫のためのホメオパシーを学べるということで、
ねこ友さんにお誘いをいただきまして、
一緒に参加させていただきました。

ホメオパシーの基本から、
レメディの与え方、
心に留めておくべきことなどなど・・・

猫たちの急性症状に対して、
一緒に暮らす人がセルフケアできるよう、
症状に合わせてレメディを選べるよう、
全6回で学んでいきます。

慢性症状の場合は、きちんと学んだ
ホメオパスに任せたほうが良いとか。

私がこれから身につけていくのは、
猫たちに何かあったときに手当てをする
救急箱のようなホメオパシー。

症状は、どこから表れるのか。

西洋医学、中医学、ホメオパシーを
わかりやすく三角形の図で教えてくださり、
とても腑に落ちました。

私は中医学やホメオパシーの
“全体をみる”という考え方に関心を持ち、
学びたいと思いました。

でも、時と場合によっては
西洋医学も必要だと思っています。

私自身が様々な知識を持っていれば、
その分、選択肢も広がります。

できることをやりたい。
知らないで後悔したくない。

ただそれだけです。

もらいものたち

朝採れルッコラと、
ちょっとお高いオリーブオイルを頂戴し・・・

生ハムサラダ

サラダで美味しくいただきました。

今日の酒
今日の酒。

どうでもいいけど、
私の周辺、猫率高いです。

猫率高い

下に座っているからかと思いきや・・・

上でもこうなる

どこにいてもこうなる件。

まんまるココ
「なにか問題でも?」

いつまでも、心元気に過ごしましょうね


6/16(土)13:30~15:30
『ねこのハズトレってなに?@埼玉』

詳細、お申し込みはコチラです。



お読みいただきありがとうございます。
ポチッと応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログへ

猫のためのTタッチ

キャットヒーリングサロンgatoさんの
猫のためのテリントンTタッチワークショップに
参加させていただきました。

テリントンTタッチとは、
アメリカのリンダ・テリントン・ジョーンズ女史によって
開発されたボディワークです。

私が学んだホリスティックケア・カウンセラーでも、
講座のカリキュラムに含まれています。

今日のワークショップで実感したこと。

それは・・・

本当に身につけたい知識や技術は、
その道のプロに直接教えてもらうべし。


Tタッチは、ホリスティックケア・カウンセラーの
テキストとDVDを見て、ココさんとミミさんに
施してみたりもしていました。

そして、今日、気がつきました。

あれはTタッチではなく、
マッサージだったんだな、と

筋肉に働きかけるマッサージとは違い、
Tタッチは細胞に働きかけます。

なので、力加減が繊細なんです。

皮膚の下に刺激を与えることで
細胞の機能を活性化して、
感情、精神、身体のバランスを整えます。

は?感情?と思ったアナタ。

感情は細胞に閉じ込められ、
神経伝達物質によって脳に運ばれることを
神経科学者が証明したそうです。

「Molecules of Emotion(情緒の分子)」/キャンディス・パート著

Tタッチは、様々な研究によって
確立されたものでもあるのですね~。

はてさて。

今日のワークショップでは、
猫たちが受け入れやすいという3つの基本のタッチと
特定部位へのタッチを教わりました。

練習猫さん

練習に付き合ってくれた猫さんの正体は・・・

全員集合

可愛らしいこの方々でした。

目のまんまる具合
目のまんまる具合が似ている件。

早速ミミさんにTタッチをしたら・・・

離れられない関係

離れなくなりました。

そうこうしているうちに、
必ずやって来る熱い視線の持ち主。

あたいも

いらっしゃいませ。

いらっしゃいまし

ながらTタッチはNGです。

テレビを消して、テキストも見ないで、
目の前のココさん、ミミさんをしっかり観ます。

猫も人も気持ちよく、
いい状態でいられることが望ましい。


講師のnaoさんのいろんなお話を聞いて、
普段のコミュニケーション、日々の積み重ねが、
信頼関係を築くのだと改めて思いました。

嬉しい寝

とても勉強になり、
いろいろと気づきの多い時間でした。

またひとつ、いただけたご縁に感謝です



お読みいただきありがとうございます。
ポチッと応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログへ
猫さんのお留守番サポート
猫さんとの出逢い
東京キャットガーディアン~子猫の里親募集~ NPO法人犬と猫のためのライフボート~子犬子猫の里親募集中~
プロフィール

すずきちえ

Author:すずきちえ
本が好き。
体を動かすことが好き。

何よりも猫が大好きです。

No cats,no life♡

ココ キジトラ♀
ココプロフ用

2004年4月4日生まれ
食いしん坊の甘えん坊
体は大きいが気が小さい
ビビリさん

ミミ キジ白♀
ミミプロフ用

2004年4月4日生まれ
超がつくほどマイペース
不思議な行動が多く
妙に人間っぽい猫

カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
メッセージBOX

お名前:
メールアドレス:
メッセージ:

twitter
Facebook
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
668位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

175位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR